スタッドポーカー

スタッドポーカーは簡単にいうとカードを交換できないポーカーです。テーブルに座ってゲームを始めると、ディラーからカードを一枚ずつ配られます。配られたらその都度プレーヤーがそのカードをめくっていき、その結果に応じて賭けをていきます。一枚ずつカードをめくりながら賭けたり降りたりするというのが有名なドローポーカート違うところです。アメリカでは1900年代からバーなどで幅広く遊ばれていましたが、現在はゲーム性の高さが熱狂を呼ぶドローポーカーが主流になっています。誰にでもできる簡単なポーカーなので、すぐに面白く無くなってしまうということですね。海外に旅行に行った際にカジノ場に遊びにいってチップを交換してポーカーのテーブルに行ってみましょう。ディーラーがプレーヤーを待っていて、席に座るとゲームを始めてくれます。ただテーブルに座ってゲームを始める前に気をつけて欲しいのが、スタッドポーカースタイルと、ドローポーカースタイルでルールが違う上にチップを賭けるタイミングも違うということです。最初に確認しないでゲームを始めてから気がついて他のプレーヤーと大笑いしたことがあります。普通のルールだと思ってテーブルに座ると自分が想像していたものと全く違うので必ず驚きます。そのくらいまったく違うゲームです。スタッドポーカーは今ではほとんどのカジノでは見かけることはなくなりました。5カード、7カードなどバリエーションがありますが、カジノやオンラインカジノで見かけることはないでしょう。もし見つけた場合には、賭けの倍率を確認して見てください。遊び半分で運営しているのでなければ、非常に賭けの倍率が高額な場合があります。プレーヤーが少なくなっているので、賭けの対象としては高額になっています。一攫千金を目指して見ましょうか。