ニュース

カイジ3 スロット

19 Feb 2017

カイジ3スロットは大人気漫画賭博黙示録カイジをテーマにしたスロットマシンの最新版です。カイジスロットの前二作が大人気で大きな反響があり、これを受ける形で開発された最新版では、賭博破戒録の欲望の沼が舞台になっています。原作を読んだことも、テレビアニメを見たこともなかったのですが、前回の物語で、帝王・兵藤に破れたあとの主人公が、絶望的な状況の中から自分と仲間の自由を賭けて1玉4000円の裏カジノに置かれたパチンコ「沼」で勝負するまでの物語が実際のテレビアニメそのままの音楽とボイスで進んで行くので、すぐに楽しむことができました。最後のパチンコの勝負の場面では、大勢の人間が見守る中でたった一台のパチンコ台を操作する緊張感がかなり伝わってきて、時間を忘れてのめり込みました。カイジスロットはリールを回して遊ぶスロットマシンなのですが、物語の舞台になっているゲームの麻雀やパチンコが自分のリールの当たりに連動していて、物語が変わって行くところに面白さがあります。今回の最新版カイジスロットでは、パチンコ「沼」で勝負する時に玉を指定の場所に入れれば勝つという場面が液晶で大きく表示され、玉の動きが一球一球映し出されます。指定の穴が決められているのですが、ほとんどの玉は違う場所に流れていきます。その時に液晶画面をタップし続けると、「ざわざわ。。。」という漫画で有名な文字が表示されて、まさに穴に落ちようとしている玉の方向を変えることができます。タップすればするほど「ざわざわ。。。」という文字が増えていき、ゲームの物語を現在進行で進めて行くのがかなり楽しめます。自分もその勝負に参加している気分になれるので、原作を知らない人でもその緊張感と参加している楽しさは十分に味わえます。テレビアニメを見る面白さで楽しめるカイジスロットの最新版を早速試して見ましょうか。

カイジ2 スロット

10 Feb 2017

パチンコ・パチスロは主婦や中高年男性の娯楽と言われていましたが、最近はテレビやアニメに興味を持つ若い人たちが積極的にホールに通い始めています。そこで最近のパチンコパチスロ台もそれに合わせて変化していて、今までのような勝負が主体のデザインから、テレビゲームに近いデザインに変更されています。特徴的なのは機械のメイン部分を端にずらして中央に液晶を設置する全面液晶はテレビアニメのように物語が進行して行きます。液晶を前面に押し出すことで、テレビアニメや漫画が好きな若者がパチスロに戻っています。その中の一つである、大人気漫画回胴黙示録カイジをテーマに取り入れた回胴黙示録カイジ2スロットマシンでは、本来中央にあるべきリールを台の上にずらして正面に大きな液晶を設置しました。その画面に実際の声優や音楽を合わせたゲームの演出と、ゲームの当たりとハズレによって物語が分岐する演出をつけたところ、大人気となったことから、続編の回胴黙示録カイジ3スロットが作られ、こちらでは絶望的な状況に落とされた主人公が自分自身と仲間を救うために、人食いパチンコ「沼」で勝負するストーリーをゲームをしながら進めて行くことができます。続編のカイジ3スロットも本作品も実際のアニメで活躍する主人公を始め、帝王・兵藤、中間管理職の利根川など、原作に沿った形で勝負が行われるほか、カイジ3スロットのパチンコや、本作の競馬やチンチロリンといったギャンブルの進行をリールのあたりはずれで決めているところが、まるでゲームをしている気分で楽しむことができます。回胴黙示録カイジ3スロットマシンは設置店をネットで調べることができます。では早速大人気のパチスロ台について、早速インターネットで調べて見ましょうか。

カイジスロット

04 Feb 2017

欧米では紳士の嗜みと呼ばれるほど普及しているカジノ場ですが、日本では法律上許されていないことから遊んだことがないという人がほとんどでしょう。それに対してパチンコとパチスロは知らない人は日本にはいないくらい一般的な庶民の遊びとなった娯楽です。ただ、換金の問題が大きくなるなど問題が多かったことから、大衆娯楽になりきれない所がありました。また賭け事としては換金率の低さやカジノで味わえるような優雅さや普段会えないような人と知り合う面白さがないため敬遠されがちでした。実際に狭いところでボタンを押すだけでは楽しみようがありません。そんな業界も最近では本当に変わってきました。その一つがカイジ2スロットです。がカイジ2スロットではこれまでのスロット台ではありえない、全面液晶モニタを採用していて、テレビアニメと同じように画面でアニメが進行します。実際の声優の声とおなじみの音楽が流れるだけでなく、漫画のような吹き出しのセリフが出てくるので、大好きだったテレビアニメを見ている感覚で思わず時間を忘れて楽しんでしまいます。登場人物も大人気のテレビアニメや漫画で登場するキャラクターがそのまま登場してくれるのが、カイジ2スロットの楽しみです。逆境で輝く男伊藤開司、地獄の手配者の遠藤勇次、一発逆転人生がモットーの坂崎孝太郎、その奥さんの坂崎美心、飽くなき挑戦を続ける佐原、所々で活躍する黒服達、ボンボンの一条、ご存知中間管理職 利根川幸雄 帝王の兵藤和尊が液晶台で喋べりながら実際に牌を作っていく姿を見ていると、自分がパチスロをしているのか、麻雀を楽しんでいるのかわからなくなるほど没頭できるのがカイジ2スロットのいいところです。テレビアニメを取り込んで大衆娯楽として完成しつつあるパチンコをもう一度楽しんで見ましょうか。

カードゲーム

30 Jan 2017

トランプのように札を使った遊びの発祥は実は中国です。中国では今から500年以上前からカードゲームを遊んでいた記録があるので、かなり昔から賭け事をしていたようです。世界中で賭け事に夢中になっている中国人のギャンブル好きも、この歴史の深さを考えると妙に納得してしまいます。札を使った遊びはその後中国からアラブへ伝わりました。さらにそこからヨーロッパに普及していって、現在のトランプの形で定着して現在に至っています。札を使った遊びはヨーロッパでは貴族たちの間で人気の遊びとなり、バカラ、ポーカー、ブラックジャックなどの様々な遊び方が生み出されてきました。その中で今なお不動の人気を誇っているのが、カジノの王様と呼ばれるのバカラです。カジノ場では専用のテーブルが用意された一角があり、身なりを整えたディーラーが冷静に札を配っていく姿は、プロフェッショナルで格調高い雰囲気が漂っていて、その雰囲気に圧倒されます。歴史と伝統が長いバカラは世界中に愛好家が多く、世界の富豪が楽しむ遊びでもあります。そんな背景から最高金額がやりとりされるゲームとして不動の人気と地位を誇っています。ところで現代では様々な娯楽が生み出された今でもカードゲームの人気は変わっていません。身近なところではトレーディングカードゲーム(TCG)の形で人気がありますね。人気のトレーディングゲームは、マジック:ザ・ギャザリング、ハースストーン、憂国の大戦2、シャドウバース、デュエル・マスターズ、遊戯王、そして世界的な圧倒的知名度を誇っているのが、ポケモンです。札をやりとりするという単純なルールが世界中の人を巻き込んで、新しい遊び方が生まれているカードゲームは今も多くの人に愛されながら変化を続けているのかもしれません。

有名アジア人ギャンブラー

22 Oct 2016

日本ではギャンブルをすることは違法とされているので、ギャンブルをすれば捕まってしまうのではと思いがちですが、公営ギャンブルや遊戯施設としてのパチンコ店、オンラインカジノを含めればギャンブルは日本でもメジャー産業と言えるでしょう。さらに、アジア全体で考えると、マカオやシンガポール、韓国、フィリピンなど、カジノが合法的に行える場所がたくさんあり、特にマカオはラスベガスをしのぐ規模で大変人気です。 このマカオで「ギャンブルの帝王」「マカオの盟主」「カジノ王」などと呼ばれているのが、スタンレー・ホー氏です。香港、マカオの資産家で娯楽、観光、船舶、不動産、航空、銀行など多岐にわたるビジネスを展開しています。長きにわたりマカオのギャンブル産業界に君臨している大富豪です。また、娘のバンジー・ホー氏も父の資産を超える「カジノの女王」と呼べる人物です。 日本人ギャンブラーで非常に有名なのは、プロギャンブラーのぶき氏です。「勝率9割の選択」や「ギャンブルだけで世界6周」などの著書があります。各地で講演も行っています。15年でカジノで稼いだお金で82か国を周っているという飛びぬけたフットワークの持ち主です。実業家の与沢翼氏は、シンガポールに移住してカジノや投資などでぜいたくな暮らしをしているようです。芸能人では昔からギャンブル好きとして有名なのが、蛭子能収氏です。麻雀賭博での逮捕歴まであります。パチプロとしては、田山幸憲氏、名波誠氏、谷村ひとし氏、星沼良晶氏、射駒タケシ氏、篠崎健二氏などが有名です。これ以外で記憶に新しいのは、いわゆる「裏カジノ」で逮捕されて問題となった有名スポーツ選手が数名います。

Content news