ニュース

スタッドポーカー

20 Mar 2017

スタッドポーカーは簡単にいうとカードを交換できないポーカーです。テーブルに座ってゲームを始めると、ディラーからカードを一枚ずつ配られます。配られたらその都度プレーヤーがそのカードをめくっていき、その結果に応じて賭けをていきます。一枚ずつカードをめくりながら賭けたり降りたりするというのが有名なドローポーカート違うところです。アメリカでは1900年代からバーなどで幅広く遊ばれていましたが、現在はゲーム性の高さが熱狂を呼ぶドローポーカーが主流になっています。誰にでもできる簡単なポーカーなので、すぐに面白く無くなってしまうということですね。海外に旅行に行った際にカジノ場に遊びにいってチップを交換してポーカーのテーブルに行ってみましょう。ディーラーがプレーヤーを待っていて、席に座るとゲームを始めてくれます。ただテーブルに座ってゲームを始める前に気をつけて欲しいのが、スタッドポーカースタイルと、ドローポーカースタイルでルールが違う上にチップを賭けるタイミングも違うということです。最初に確認しないでゲームを始めてから気がついて他のプレーヤーと大笑いしたことがあります。普通のルールだと思ってテーブルに座ると自分が想像していたものと全く違うので必ず驚きます。そのくらいまったく違うゲームです。スタッドポーカーは今ではほとんどのカジノでは見かけることはなくなりました。5カード、7カードなどバリエーションがありますが、カジノやオンラインカジノで見かけることはないでしょう。もし見つけた場合には、賭けの倍率を確認して見てください。遊び半分で運営しているのでなければ、非常に賭けの倍率が高額な場合があります。プレーヤーが少なくなっているので、賭けの対象としては高額になっています。一攫千金を目指して見ましょうか。

京都スロット

11 Mar 2017

京都は日本の古都で、清水寺、金閣寺など誰でも一度は訪れたことがあるたくさんの世界遺産と観光名所に恵まれています。また修学旅行先としても人気の街で、観光バスや修学旅行の学生に会わない日はありません。その反面それ以外の娯楽施設は他府県に比べて非常に乏しい状況です。その理由としては、街全体の景観について非常に厳しい条例があることがあります。とくに騒音が大きく、派手な照明や看板を掲げるパチンコホールがこの場所で許可を取るのはかなり厳しいと言われています。とはいえ、ホール店が全くないわけではありません。優良なパチンコ・パチスロ店としては、人が行き交う京都駅前に集中しており、ビッグディッパーやマンモス城、京一があるほか、キング七条店などがあります。それ以外の地域にもいくつか有名な店舗があり、例えばニューキョート大久保、今出川フォーラム、堀川オメガ、ダブルマックスなどがありますが、どこにでもある観光名所や修学旅行のグループに比べて、圧倒的にホール店が見当たらない街です。またスロットの機械となると、人気のスロット台の設置が近隣の府県特に大阪府に比べて稼働が乏しいのが普通の状況です。有名なスロットのプロでも府内の乏しさはやむを得ないと認めているほど、大衆娯楽に関しては厳しい状況にあります。人気機種は稼働率が高い店舗から優先された設置され、特にソウルキャリバー、オアシスデイズ、モンスターハンター、エウレカセブン、弱虫ペダル、シェイク3、犬夜叉といった話題の新台導入が遅れていて、パチンコの人気機種北斗の拳、CR戦国乙女、牙狼、エヴァンゲリオン、Gantz、押忍番長なども遅れて導入されているので、ある程度余裕を持って新台導入のスケジュールを立てるほうが無難です。観光のついでにスロットを打つときには新台導入に気をつけましょうか。

ルーレット 賭け方

03 Mar 2017

ルーレットはカジノの女王と呼ばれる花形のゲームです。ディーラーが投球したボールがホイールの38の数字の中でどの数字に落ちるのかを当てるだけのシンプルなゲームなので、カジノに来るのが初めてという初心者でもすぐに参加できるゲームの一つです。誰にでも楽しめるように様々な賭け方が用意されています。例えば黒か赤か、奇数か偶数か、を当てるだけの50%の確率で当てる賭け方や、テーブルの列全体にかける方法、6つの数字に賭ける方法などがルーレットには用意されています。賭ける数字の範囲が大きくなればなるほど確率も高くなり配当は低くなります。ゲームを初めて遊ぶ時や、少ない資金で長く遊びたい時には、確率が高く配当が低い賭け方で遊び、一攫千金を狙いたい時には、高配当で低い確率を狙う賭け方で遊ぶことができます。ルーレットは用意されている賭け方を組み合わせることで、高配当で高確率を狙うこともできるゲームでもあるので、たくさんの人が夢中になる理由にもなっています。計算方法は複雑な数式を用いて過去の数字などを合わせて計算するので非常に複雑になるため、統計学の知識がないと十分に使いこなすことはできません。そこでだれでも使えるように形を整えた必勝法と呼ばれるものが普及しています。かなり多くの必勝法が普及していますがその中で有名なものにはマーチンゲール法、ココモ法、ウィナーズ投資法、モンテカルロ法、グッドマン法、フラワーベット法、2/3ベット法、2in1法があります。難しそうに見えますが、コツを掴めば簡単に理解することができます。実際にルーレットを回して、自分で賭けながら勉強するのが一番の学習の近道です。会員登録するだけでボーナスがもらえるオンラインカジノのルーレットで早速試して見ましょうか。

カジノ ルール

24 Feb 2017

海外のカジノ場は豪華な内装と賑やかな雰囲気と無料の料理やドリンクだけではなく、たくさんのゲームが用意されています。クラッシックカジノゲームと呼ばれる、バカラ、ポーカー、ブラックジャック、スロット、ルーレットはほとんどのカジノに用意されています。それを取り囲むようにクラッシックカジノゲームから派生した新しいゲームが並んでいます。カジノに来るのが初めてという人は、ゲームのやり方がわからず最初は参加しづらいかもしれません。そこで初心者の人でも楽しめるのがルーレットとブラックジャックなので、まずこの二つのテーブルに向かって見ましょう。ポーカーのルールは誰でも知っているのですが、カジノのポーカーのルールはかなり違うので、テーブルに座る前に、勉強することをオススメします。またスロットマシンはお金を入れるだけで遊べるのでだれでもすぐに遊べますが、リール回転のスタートも回転のストップも今の機種は全て自動で行われるため、カジノの雰囲気を味わえません。せっかく遊びに来たからにはテーブルに座って、ディーラーや他のプレーヤーと一緒にゲームに参加して見ましょう。ルーレットのルールは非常に簡単です。38個の数字の中からディーラーが投げたボールがどの数字に落ちるのかを当てるだけです。沢山ある賭け方についてはゲームを続けて行くうちにすぐにわかるようになります。ブラックジャックは一度遊んだ人なら誰でも知っている簡単なゲームなので、そのままテーブルに座ってゲームを始めて見ましょう。ディーラーから配られた札が21に近くなれば勝つというのが基本です。わからなければディーラーに聞けば、その場で教えてくれます。これで遊び方は問題ありません。早速イブニングドレスに着替えて、パスポートを忘れずに、遊びに行きましょう。

カイジ3 スロット

19 Feb 2017

カイジ3スロットは大人気漫画賭博黙示録カイジをテーマにしたスロットマシンの最新版です。カイジスロットの前二作が大人気で大きな反響があり、これを受ける形で開発された最新版では、賭博破戒録の欲望の沼が舞台になっています。原作を読んだことも、テレビアニメを見たこともなかったのですが、前回の物語で、帝王・兵藤に破れたあとの主人公が、絶望的な状況の中から自分と仲間の自由を賭けて1玉4000円の裏カジノに置かれたパチンコ「沼」で勝負するまでの物語が実際のテレビアニメそのままの音楽とボイスで進んで行くので、すぐに楽しむことができました。最後のパチンコの勝負の場面では、大勢の人間が見守る中でたった一台のパチンコ台を操作する緊張感がかなり伝わってきて、時間を忘れてのめり込みました。カイジスロットはリールを回して遊ぶスロットマシンなのですが、物語の舞台になっているゲームの麻雀やパチンコが自分のリールの当たりに連動していて、物語が変わって行くところに面白さがあります。今回の最新版カイジスロットでは、パチンコ「沼」で勝負する時に玉を指定の場所に入れれば勝つという場面が液晶で大きく表示され、玉の動きが一球一球映し出されます。指定の穴が決められているのですが、ほとんどの玉は違う場所に流れていきます。その時に液晶画面をタップし続けると、「ざわざわ。。。」という漫画で有名な文字が表示されて、まさに穴に落ちようとしている玉の方向を変えることができます。タップすればするほど「ざわざわ。。。」という文字が増えていき、ゲームの物語を現在進行で進めて行くのがかなり楽しめます。自分もその勝負に参加している気分になれるので、原作を知らない人でもその緊張感と参加している楽しさは十分に味わえます。テレビアニメを見る面白さで楽しめるカイジスロットの最新版を早速試して見ましょうか。

Content news