ブラックジャック

リストのカジノで素敵なボーナスの付いたブラックジャックをプレイ

ブラックジャックについて

オンラインカジノで最も人気といっても過言ではない、「ブラックジャック」。ディーラーとプレイヤーが対戦し、カードの合計を21点にするか、21点により近づけたほうが勝つというゲームです。ゲームが始まる前に賭け、掛け金に応じて賞金が払われます。同じ台に複数のプレイヤーがいる場合もありますが、戦う相手はあくまでも、あなたのディーラーです。ほかのプレイヤーを気にせず、あくまでディーラーとの勝負に集中するのが勝つための第一歩です♪

ルール

「ブラックジャック」では、ディーラーとプレイヤーとの1対1との戦いです。同じテーブルに複数プレイヤーがいる場合、ディーラーは同時に複数のプレイヤーと勝負をします。カードの合計が21点を超えることを、「バーストする」といいます。バーストしないように、手札の合計を21点に近づけ、ディーラーを負かしましょう。手札の点数は、2~10までは数字通りカウントします。絵札のK、Q、Jは10点です。Aは、手札の合計が21点を超えない場合、11点と数えられ、超える場合は1点とカウントします。

あなたがベットし終えると、ディーラーからカードが2枚ずつ配られます。ディーラーの手札の2枚のうち、1枚は表向き(up-card)にされます。もう一枚は裏向き(hold)でおかれます。つぎに、ディーラーの2枚目のカードが表向きで配られます。

プレイヤーとディーラーのどちらもが、ナチュラル21のときは引き分けとされ、掛け金はカジノ側に回収されます。ナチュラル21とは、初めに配られた2枚が「10点のカード+A」の組み合わせであった時のことを言います。

その後、配られたカードの点数を見ながら、スタンド、ヒット、ダブルなど(用語の説明参照)手を打ってゆきます。 ディーラーは16点以下なら必ずヒットしなくていけません。また、17点以上なら必ずスタンドする必要があります。最終的にはディーラーとプレイヤーの手札の合計数を明かし、勝ち負けを決めます。ディーラーの勝ちの時はプレイヤーの賭け金はカジノ側が回収します。プレイヤーの勝ちの時は、掛け金や配当に応じて賞金が支払われます。

用語の説明

スマートにプレイして勝つために、ブラックジャックで使われる用語をチェックしておきましょう♪

バースト

持ち手が21点を超えてしまうことです。その時点で負けとなります。

ヒット

手札にカードを1枚足すことをさします。

スタンド

カードの追加をやめ、その時の手札の合計点で勝負することを言います。

ダブル

掛け金を2倍にして、カードを引くこと。それ以上ひいてはいけません。絶対自信があるときにどうぞ!!

インシュアランス

ディーラーの1枚目のカードがAだった場合に、ブラックジャックが出ることに保険を掛けるのがインシュアランスです。ブラックジャック出た場合には、始めの賭け金は回収されますが、保険金の2倍の配当が払われます。

配当とペイアウト

ブラックジャックでは、初めにかけた掛け金に対して手札の条件で配当が変化します♪

BlackJack

BlackJackで勝った場合、配当は1.5倍です。

ディーラーよりも「21」に近い場合
配当は1倍です。
引き分け
ディーラー、プレイヤーのどちらもがBlackJack、もしく「21」以下の範囲で同点の場合は「引き分け」。賭け金が戻ってきます。
ディーラーとプレイヤーのどちらもがバーストの場合
ディーラーとプレイヤー双方がバーストした場合は、ディーラーの勝ちとなります。

ブラックジャックの必勝法と攻略法♪

ブラックジャックまた、ほかのカジノゲーム同様カジノ側に有利なゲームであることに変わりはありません。しかしながら、統計的な知識やディーラーを縛る条件をしっかり理解して戦略を立てることで、ガッツリ儲ける必勝法を編み出すことも可能なのです!

ディーラーは、自分の手札の一枚をプレイヤーに見せる必要があり、「16点以下なら必ずヒット」、「17点以上なら必ずスタンド」というルールに縛られていますね。一方、プレイヤーとディーラーの双方バーストであった場合には、ディーラーの勝ちとなります。ということは、ディーラーは「17」「18」「19」「20」「21」「22~」という点数であなたと戦ってくるということです。そのため、初めにディーラーのアップカードをチェックし、ディーラーがバーストするかもしれないとおもえば、プレイヤーはバーストの危険を冒してまでディーラーより強い点数を狙いに行かなくてもよいということですね。ブラックジャックで、プレイヤーとして最も重要な攻略法はあなたがバーストしないこと。忘れないでくださいね♪