京都スロット

京都は日本の古都で、清水寺、金閣寺など誰でも一度は訪れたことがあるたくさんの世界遺産と観光名所に恵まれています。また修学旅行先としても人気の街で、観光バスや修学旅行の学生に会わない日はありません。その反面それ以外の娯楽施設は他府県に比べて非常に乏しい状況です。その理由としては、街全体の景観について非常に厳しい条例があることがあります。とくに騒音が大きく、派手な照明や看板を掲げるパチンコホールがこの場所で許可を取るのはかなり厳しいと言われています。とはいえ、ホール店が全くないわけではありません。優良なパチンコ・パチスロ店としては、人が行き交う京都駅前に集中しており、ビッグディッパーやマンモス城、京一があるほか、キング七条店などがあります。それ以外の地域にもいくつか有名な店舗があり、例えばニューキョート大久保、今出川フォーラム、堀川オメガ、ダブルマックスなどがありますが、どこにでもある観光名所や修学旅行のグループに比べて、圧倒的にホール店が見当たらない街です。またスロットの機械となると、人気のスロット台の設置が近隣の府県特に大阪府に比べて稼働が乏しいのが普通の状況です。有名なスロットのプロでも府内の乏しさはやむを得ないと認めているほど、大衆娯楽に関しては厳しい状況にあります。人気機種は稼働率が高い店舗から優先された設置され、特にソウルキャリバー、オアシスデイズ、モンスターハンター、エウレカセブン、弱虫ペダル、シェイク3、犬夜叉といった話題の新台導入が遅れていて、パチンコの人気機種北斗の拳、CR戦国乙女、牙狼、エヴァンゲリオン、Gantz、押忍番長なども遅れて導入されているので、ある程度余裕を持って新台導入のスケジュールを立てるほうが無難です。観光のついでにスロットを打つときには新台導入に気をつけましょうか。