ホールデムポーカー

世界中で人気のあるポーカーは、トランプのカードを使うテーブルゲームの一つです。ポーカーには100以上の種類があると言われますが、カジノのポーカーの主流といえば、テキサス・ホールデム(ホールデムポーカー)です。難しいと思われがちですが、ルールは簡単なのですぐに楽しめます。では基本のルールから点数が得られる絵柄の条件(役)、遊び方などを説明します。

■基本ルール

ホールデムポーカーは、各プレイヤーは2枚の手札を持ちます。この手札は各プレーヤーだけのものです。それとは別に、コミュニティ・カードと呼ばれるプレイヤー全員が使える共通のカード(最大5枚)がテーブルに置かれ、プレーヤーは自分の手札とコミュニティカードとの組み合わせで役を作り、もっとも強い役を作ったプレーヤーが勝つゲームで、プレーヤー同士が競い合います。ゲームに使用するトランプは1組で、ジョーカーを除いた52枚です。1テーブルでプレーできる人数は2人から10人までです。

■賭けの条件

テキサス・ホールデムでは、1回のゲームで最大4回の賭けができます。4回中どのタイミングでもプレーヤーはゲームを降りる(途中でやめること)ができます。最後の賭けで残ったプレイヤーは手札を公開します。勝者は、賭けの合計4回中に全プレイヤーが賭けていたチップを全て獲得します。

■ゲームの流れ

ゲームの賭けが1巡することをラウンドといます。最初のラウンドはプリフロップといい、まずは手札のみで賭けをするかどうかを決めます。

ゲーム中にプレーヤーが決めることができること(アクション)には以下のものがあります。

フォールド(ダウン):ゲームをやめる。この場合手札のカードをディーラーに返します。

チェック:その回のゲームの賭けをせずにパスする。

コール:コールをだす前にテーブルで賭けがあった場合に、その賭けた人と同額をかけることを言います。

ベット:自分の手(手札と場札の組み合わせ)に対してチップを賭けること。それまでゲームでどのプレーヤーも賭けていないとき、ベットと呼ぶ。

レイズ:それまでにゲームで他のプレーヤーがベットしていて、その金額より上の金額をかけること。

■ポーカーの役

ポーカーには色々な役がありますが代表的な役を強いもの順に紹介します。

ロイヤル・ストレート・フラッシュ

手札と場札の計7枚のカード中で、同じマークのカードの「A-10-Jack-Qeen-King」の5枚がすべて揃えばロイヤルストレートフラッシュです。

ストレートフラッシュ

手札と場札の計7枚のカード中で、同じマーク5枚のカードが、ハートの2-3-4-5-6カード など5枚が数字順に並んでいるカードを集めた役がストレートフラッシュです。

フォーカード(フォー オブ ア カインド)

手札と場札の計7枚のカード中で、同じ数字が4枚ある役です。

フルハウス

手札と場札の計7枚のカード中に、スリーカード(スリー オブ ア カインド)と、ワンペアが同時にできた役です。

フラッシュ

手札と場札の計7枚のカード中に、スペード柄のカードが5枚など、同じマークのカードが5枚あればフラッシュです。

スリーカード(スリー オブ ア カインド)

手札と場札の計7枚のカード中で、同じ数字が3枚あればスリーカードです。

ワンペア

手札と場札の計7枚のカード中で、同じ数字のカード2枚があればワンペアです。