マーチンゲール法

カジノやFX、スポーツブックなどに興味がある人には一度は聞いたことがある「マーチンゲール法」。賭けの攻略法の一つと呼ばれる法則の一つで、ある一定の条件下に置いて理論上は必ず勝てると言われている方法です。

マーチンゲール法の基礎

 マーチンゲール法は掛け方の方法で、簡単に言うと2倍掛けの法則とも呼ばれます。

この攻略法は賭けの中でも勝つ確率が50%のものや配当が2倍のもの、例えばルーレットの赤黒のようなものに有効な方法です。

マーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法はとても単純です。50%の勝率のある賭けで、負ければ次のベットで1回目の掛け金の2倍をベットします。このベットを倍にするのを次に勝つまで繰り返すのがマーチンゲール法です。

簡単な例として、最初のベットを$1として4回目まで連続で負けて5回目で勝利したとします。1回目の負けの収支は$-1、2回目は$2を賭け、収支は$-3。3回目は$2の倍で$4を賭けて、負けは$-7。4回目は$8を賭け、収支が$15。5回目は$16を賭けて勝てば16×2で勝ちは$32です。

ところで、ここで5回目で負けたとします。この場合負けは$-1となります。つまり1回でも負けてしまうと、今までの儲けは全てなくなってしまいます。

マーチンゲール法の現実問題

  1. 勝率50%は単なる確率。連続で何回負けになるかで掛け金が天文学的数字になることも

マーチンゲール法では勝つまで倍賭けをし続けます。1/2の確率の賭けでも、2回目で必ず勝つわけではありません。100回賭けても負け続けることもありえます。たった$1の掛け金で始めたとしても、掛け金は10回目で$512。21回目ではなんと$1,048,576と1億円を超え、トータルのベット金額が2億円を超える金額になってしまいます。

つまり相当な資金がないと現実的に使えない方法なのです。しかも最後に買ったとしても掛けの勝ち金額はたったの1ドルです。

2.カジノやスポーツベットなどにあるマックスベット規制に引っかかる

ほとんどのカジノでは1回の賭け金額に上限があります。つまりその上限以上の金額をベットすることはできません。マーチンゲール法は勝つまでベットし続ける方法ですので、カジノの賭け金額の上限以上のベットが必要になった場合、そこでマーチンゲール法は終了となってしまいます。

実際どこまで負け続けるのか、確率ですと天文学的な数字回負け続けることもありえます。実際のカジノの記録としては1913年にモナコのカジノルーレットで26回連続で黒が出た記録があります。もしこの時にマーチンゲール法を使っていて、上限金額がないとしたらなんと150億円を超える金額を投資することになり、しかも獲得賞金はたった$1です。常識的に誰もこの方法を使わないでしょう。

3.ゲームの特徴によっては全く使えない方法

マーチンゲール法はルーレットなどのように、1回のゲーム結果が次のゲームの結果に影響しないものにしか当てはまりません。つまり毎回純粋に1/2の確率で勝てるゲームにしか当てはまらない方法となります。

理論上は必ず勝てると言われるマーチンゲール法ですが、勝つと言うよりも負けを取り戻す方法といった方が近いようです。

マーチンゲール法を使っても必ず勝てる保証はありません。十分に状況をみて、楽しんで使いましょう。