入出金方法には何が使える?

オンラインカジノを本格的にプレーするためにはカジノの自分のアカウントに入金をする必要があります。また獲得した賞金はカジノのアカウントから現金化しなければなりません。今回はオンラインカジノの入出金方法の代表的なものとその簡単な特徴をまとめてみました。

オンラインカジノはインターネット上のカジノですので、入出金でもオンライン決済と相性が良いです。一部銀行からの振込に対応しているオンラインカジノもありますが、手数料の安さ、使い勝手の良さ、確定の速さ、手軽さなどからオンライン決済がおすすめです。

では一般的なオンラインカジノの入出金方法と特徴をまとめは以下の通りです。

 

 

方法 特徴
クレジットカード どのオンラインカジノでも使用可能。決済反映時間も早い。手数料も安い。出金手続き開始時に本人確認資料の提出が必要。
銀行振込 少数のオンラインカジノしか取り扱いがない。日本の銀行から直接

手続きするので安心。

ペイセーフカード オンライン決済バーチャルプリペイドカード。大手ペイセーフ社が運営する安全な電子決済サービス。
エントロペイ 人気のオンライン決済方法でしたが2019年6月でサービス終了。
ネッテラー 以前は人気のオンライン決済でしたが、日本から2016年9月にサービスを撤退。2018年に再上陸し新たな電子ウォレットサービスを展開。オンラインカジノやigamingには使用できない。
トルストリー キャッシュレス 先進国スウェーデンに2008年に設立されたフィンテック会社が運営する、オンラインバンキングからePaymentsに直接支払えるシステム。現在サービスはヨーロッパを中心に展開。
スクリル イギリスの金融会社が提供する老舗デジタル決済サービス。ヨーロッパを中心にデジタル決済や国際送金、暗号通貨の取引などの金融サービスを提供。残念ながら現在日本からは使用不可。
アストロペイ オンライン決済できるバーチャルプリペイドカード。
エコペイズ イギリスのPSI-Pay Ltdが運営するeウォレット・電子決済サービスで、電子決済黎明期から15年もサービスを提供し続けている老舗です。手数料の安さ、安全性、迅速なサービスと完全日本語化されたサイトやスマホアプリも完備で日本人ユーザーにも人気。
アイウォレット オンライン電子マネーサービスで香港とアメリカを除く全世界で展開中のサービス。オンライン送金サービスやバーチャルプリペイドカードも展開中。
ヴィーナスポイント オンライン送金サービスだが、現金を取り扱わず簡易ポイント換金サービスとして展開中。一旦ヴィーナスポイントに現金を換金してから使う。
ビットコイン 暗号仮想通貨の一つ。現在オンラインカジノでも一般的な入出金方法となっている。現金化の承認時間が短く、手数料も他の方法に比べてかなり安い。
ペイパル 現在世界中で利用者が2億人を超える、世界で一番使われているオンライン電子決済サービスのひとつ。クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできる。

 

この他にも、現在ヨーロッパを中心に新しいフィンテックが次々と生まれており、さらに安全で使い勝手が良く、スマホなどモバイル端末のみで簡単に支払いや現金の受け取りができるサービスも増えています。

Skrill、スクリル、オンライン決済、デジタル決済、海外送金、送金受け取り、ショッピング、暗号通貨

Skrill(スクリル)はイギリスに拠点を置く、オンラインの決済サービスです。2001年にサービス提供を開始し、現在ではヨーロッパを中心にデジタル決済や国際送金、暗号通貨の取引などの金融サービスを提供しています。運営はイギリスの大手金融機関のpaysafe 社で、Nettelar(ネッテラー)と同じ運営会社です。残念ながら2016年9月15日に日本でのギャンブル目的の入出金など全てのサービス停止し、2016年10月1日より日本から撤退しています。

ネッテラー、オンラインカジノ不可、再上陸、電子ウォレット

2016年ごろまでオンラインカジノの人気の決済方法だったNetellar(ネッテラー)は、2016年9月にヨーロッパ以外から撤退しましたが、2018年10月に関東財務局の登録を受け、国内でのサービスを再開しています。再開したネッテラーは電子ウォレットサービスとしてクレジットカードを含む100以上の決済サービスと提携し、仮想通貨の売買にも対応しています。しかしオンラインカジノやigaming、ブックメーカーの出入金には対応していません。

Entropay, サービス終了、残高精算方法、残金精算方法

オンラインカジノやigameing業界などでの、入出金方法として長らく使われてきた、プリペイド式バーチャルクレジットカードエントロペイ(Entropay)のサービスが2019年7月で完全終了しました。アカウントにもサイトから繋ぐことはできず、口座の残金の出金方法はサポートsupport@entropay.comまでメールで依頼する以外方法はありません。出金は2025年7月1日までですので、お早めにお手続きをお勧めします。

AstroPay、アストロペイ、仮想プリペイドカード、バーチャルプリペイドカード、オンライン決済、オンライン、プリペイドカード、電子決済

AstroPay(アストロペイ)は1996年設立のイギリスに拠点を置く電子決済サービスで世界中でもっとも使われているバーチャルプリペイドカードAstropay Card(アストロペイカード)を通して入金、決済ができるサービスです。業界で20年以上の実績のある大手企業が運営で、スピード、安全性、利用額の設定、機密保持に優れ多くの通貨が使える利便性が高く、世界中のオンラインサイトで決済方法として採用されています。

フィンテック、Trustly paypal Transferwise,スウェーデン、キャッシュレス 先進国

Trustlyは、キャッシュレス 先進国スウェーデンに2008年に設立されたフィンテック会社です。オンラインバンキングからePaymentsに直接支払えるシステムを採用し、スウェーデンの銀行と同様に自国の金融監督庁の管理下にある信頼できるサービスを提供しています。現在のところ日本からこのサービスを利用することはできませんが、現在ヨーロッパを中心に29の国々で170万人の利用があり、シンプルで使いやすいシステムと信頼性の高さで年々知名度が上がっているサービスです。

EcoPayz、エコペイズ、オンライン決済、オンライン、eウォレット、電子決済、FCA、安全、手数料安い、オンラインカジノ、igaming

ecoPayz(エコペイズ)はイギリスのPSI-Pay Ltdという金融サービスの会社が運営するeウォレット・電子決済サービスで、電子決済が流通し始めた頃から15年もサービスを提供し続けている老舗です。世界中の事業者及び個人にエンドツーエンド、アカウントとカードベースの金融ソリューションを提供し、グローバルの安全かつ迅速なサービスです。イギリス政府のが統括する電子マネー管理部門FCAの認可を受けている信頼おけるサービスを提供しています。管理がしやすく使いやすいシステム、手数料の安さ、安全性、迅速なサービスで人気があります。完全日本語化されたサイトやスマホアプリも完備しています。

Paypal(ペイパル)は世界で最も利用されているオンラインでの決済サービスです。

現在世界中で2億2千以上の口座、190カ国の国と地域で、21通貨以上に対応しています。Fintechの最も古い会社の一つであるペイパル社の前身であるX.com社を1999年にTeslaの創始者イーロン・マスクが設立したのは有名な話です。ペイパルでの決済の特徴はPayPalのアカウントとメールアドレスが紐付けされていることで、ペイパルを使ってクレジットカード番号を使わずにメールアドレスで支払いができ、安全性と匿名性を守ることができます。

Paysafecard、ペイセーフカード、プリペイドカード、オンライン、フィンテック、安全支払い、オンライン決済

Paysafecard(ペイセーフカード)はヨーロッパ全域を中心に小売店やオンライン決済に使えるプリペイドカードです。2000年にオーストラリアでサービスが始まり、現在では40以上の国で広く利用されています。運営はイギリスの大手フィンテックの企業Paysafe社が2013年からサービスを提供しています。ペイセーフカードはサービスを提供している地域の店頭で購入、カードには16桁の番号が割り振られており、コードを入力して使用します。コードだけを入力することにより匿名性が守られ安全に支払いができます。

Bitcoin、ビットコイン、暗号通貨、仮想通貨、オンラインカジノ、FX、資産、安全

Bitcoin(ビットコイン)は暗号通貨(仮想通貨)の一つで、オンライン上で取引される通貨のうちで2009年より運用が開始したもっとも有名なものの一つです。公共トランザクションログ(データベースに加えられた変更を逐次的に記録したもの)を利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網と資産をさします。現在では多くのインターネット上の支払いや資産として運用されています。

iWallet、アイウォレット、電子決済、デジタル決済、プリペイドカード、コンビニ引き出し可

iWallet(アイウォレット)は2003年よりEU(ロンドン)、フィリピン、香港にビジネス拠点をおく電子決済サービスでスクリルやネッテラーがサービスを終了した後に人気が出たデジタルウォレットです。送金やオンライン決済サービスと共に人気があるのが、アイウォレットが発行するプリペイドカードで、インターナショナルブランドのMasterCardとUnionPayと提携していて世界中でショッピングで決済が可能でしかも各国のATMで現地通貨引き出しが可能な便利なカードも発行できておすすめです。

VenusPoint、ビーナスポイント、ポイント換金サービス、1ドル=1ポイント、ポイント間の送受手数料無料

VenusPoint(ビーナスポイント)はオンライン決済サービスの一つで、ユニークな点は簡易ポイント換金サーピスです。運営会社は英領ヴァージン諸島に拠点にもち、多くのカジノで入金および出金の方法で採用されているサービスです。現金の送金受け取りの代わりに1ドル=1ポイントの等価交換で、資金をポイントに変換して資金の受取、送付、換金ができます。交換したポイントの送付や受け取りの手数料は無料で安く安全に送金ができ、換金すれば、日本国内の銀行振込みで現金の受け取りも可能です。ポイントに変換するので資金移動の明細にもカジノの名前が出ることもなく匿名性が守られる決済方法です。

Credit card、クレジットカード、Visa、Master、インターナショナルカード、カジノ入金

オンラインカジノの入金方法として、どこのカジノでも使えて一番手続きが早く簡単なのはクレジットカードで入金方法の第一選択となるでしょう。新たな手続きもいらず、お手持ちのカード(多くの場合はインターナショナルなVisaまたはMaster)で、いつものネットでのお買い物と同様にオンラインで入金することができます。クレジットカードでの決済は、手続きが早く、手数料も平均2−3%と安いのも魅力です。多くの場合クレジットカードを出金の方法に指定できないので入金のみにクレジットカードを使用します。

オンラインカジノ、入出金方法、銀行振込、銀行送金、日本円、決済方法

オンラインカジノの決済(入金・出金)の方法の一つに日本の自分の銀行口座から決済できる銀行送金の方法があります。日本の自分の銀行口座から決済ができれば、慣れている方法なので安心ですし、楽天銀行やセブン銀行などのネットバンクを使えば手数料も安く、近くのATMで振込も簡単というメリットがあります。逆にデメリットは銀行送金で決済できるオンラインカジノが少ないことと手数料が他の決済方法よりも割高なかこと、入出金の口座の反映に3営業日以上と決済に時間がかかることです。