Casinoroom

Bonus: €1000
Extra: 100ボーナススピン
Bonus: €1000
Extra: 100ボーナススピン

Casinoroom

もはや説明の必要もないと思うが、日本でもオンラインカジノの人気はうなぎのぼりだ。2017年には統合型リゾート推進法が成立されたこともあるが、近年ではまともに外出できなくなってしまったという事情もあり、オンラインカジノの人気はまだ高まっていくだろう。
また、そんな日本人ユーザーの増加を見込んで、日本市場に進出するオンラインカジノも跡を絶たない。しかし、今日ご紹介するのは日本語サービスを一切行っていないCasinoroomだ。一体日本人向けカジノとは何が違うのだろうか・・・

入金はどうすれば?

日本語でのサービスを行っていないオンラインカジノでプレイする上で、最大の関門が入金と言っても過言ではない。
Casinoroomで取り扱いのある入金方法はビザカード、マスターカード, ネットエラー, ペイセイフカード, スクリル, マッチベター、エコペイズ、トラストリーそして銀行送金となっている。
この中でならクレジットカードを使うのが一番無難な選択肢だろう。また、エコペイズやマッチベターなど、日本のオンラインカジノでもよく使われる電子ウォレットを使用できるのも嬉しい。

出金方法は?

入金方法は海外オンラインカジノにしてはいろいろと選択肢があり、そこまで難しくないことはわかった。しかし、出金方法はどうだろうか?
出金方法としてはネットエラー スクリル, マッチベター、エコペイズ、トラストリ、インスタデビット、iデビット、ミフィニティー、そして銀行送金に対応している。
とりえあずエコペイズとマッチベターが使えるので、出金方法もそこまで困るということはないだろう。もしアカウントを持ってないとしても、銀行送金に対応しているのもニジュウマルだ。

登録方法

ここまで入出金についてながながと書いてきたが、結論から言うとそこまで大きなハードルはない。日本でもメジャーな電子ウォレットが使える海外オンラインカジノは、つい最近までは珍しかったが、やはりどこも日本市場に力を入れているということなのだろう。
さて、お次の関門は会員登録だ。
何度も言ったとおり、Casinoroomは日本語でのサービスを提供しておらず、ウェブサイトもすべて英語だ。とはいったものの、難しい英語は一切使われていないし、自動翻訳ソフトを使用すればこと足りる。

ゲームのラインナップは?

英語での会員登録をすませ、入金を完了させたら、いよいよカジノゲームの時間だ。Casinoroomのゲームのラインナップは900以上・・・と他のオンラインカジノと比較するといささか種類は少ない印象だ。
しかし、海外オンラインカジノなだけあり、まだ日本語化されていないカジノゲームも多数遊ぶことができ、目新しさを感じることができるだろう。
まだ、入金時に最大で1000ドルのボーナスを受け取ることができるので、日本では遊べないゲームをいろいろ試してみるのもいいだろう。

総評

単刀直入に言ってしまうと、Casinoroomはオンラインカジノ初心者にはあまりおすすめできない。
やはり初心者におすすめするのであれば、日本語サポートをしているオンラインカジノに軍配が上がってしまう。
しかし、それを考慮してもCasinoroomの魅力はふんだんにある。シックなデザインのサイト、日本語化されていない、つまりはまだ日本人が誰も遊んだことのないオンラインカジノをあそべるという優越感は他のオンラインカジノでは味わえない。
普通のカジノでは満足できなくなってしまった玄人なら、ぜひとも試してみてほしい。