eスポーツでベッティング

eスポーツ(e-sports)とは、エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)の略で、「スポーツ」の語源である「気晴らしをする、遊ぶ、楽しむ」というところから、コンピューターゲームやビデオゲームをスポーツ競技として捉えることを指します。2006年にはOCA主催第2回アジア室内競技大会でeスポーツが正式種目しての採用が決定されました。

eスポーツをプレイするには、インターネットを経由して行うものと、ローカルエリアネットワーク(LAN)を使うものがあります。シューティングゲーム、格闘ゲーム、スポーツゲーム、レースゲーム、リアルタイムストラテジーなど様々です。League of LegendsやWorld of Tanks、Starcraft、鉄拳、その他多数のゲームがあります。
eスポーツは娯楽としても参加できますが、プロのeスポーツプレーヤー(プロゲーマー)もいます。プロのプレーヤーの中には大会賞金のほかにもスポンサーによる援助なども含めて年収が1億円を超える人気プレーヤーもいます。ストリーミング放送やムービーなどでeスポーツが配信されており、特に若者たちを中心に人気が過熱してきています。eスポーツの人気プレーヤーがテレビや雑誌などで取り上げられることも多くなり、タレントのように活動しているプレーヤーもいます。
eスポーツは観戦するだけでも面白いのですが、ベッティングに参加するという楽しみ方もあります。オンラインカジノで簡単に参加できます。オンラインカジノの老舗、ウィリアムヒルカジノやポーカースターズによるベットスターズ、Pinnacle Sportsなどがeスポーツベッティングを提供しています。